黄ぐすみ肌を改善する方法

黄ぐすみ肌が老け顔を作る(泣)糖化対策が必要なワケとは

黄ぐすみ肌は改善する!透明感のある肌を取り戻そう

年齢とともに、何となく肌のトーンが暗くなった・・と感じませんか?

 

「肌がくすむ」という表現がありますが、50歳を過ぎると、この肌のくすみが老け顔を作ってしまっていると言っても過言ではありません(泣)

 

黄ぐすみ肌を改善するには

 

若い頃って、頬もほんのりピンクで艶がありますよね。

 

歳を重ねると、肌のハリは衰えてくるのは仕方がないにしても、日焼けの影響でもないのに肌色がくすんでいる・・というのはホント悲しいです。

 

 

これは、肌の新陳代謝が低下してターンオーバーのバランスが崩れているだけではないんです。肌のくすみにも種類があって、紫外線や乾燥、加齢によるくすみとは別に、肌が「糖化」することで、おこる「黄ぐすみ」があるんです。

 

 

甘いものや、白いごはんなどの炭水化物を好んで食べる人の肌は、この黄ぐすみ肌になりやすんですって!!

 

糖分を過剰に取ると、血糖値が急激に上がってしまいます。その時に体はインスリンを出して血糖を下げようと頑張るんですが、、処理できずにいた糖が
タンパク質とくっついてしまう事を糖化というんですね(ザックリですみません 汗)

 

年齢によるくすみに加えて肌の糖化によって、いっそうくすみ肌が酷くなるってことなんですよね。

 

 

うーん、顔色が元々悪いうえに、肌が黄色くくすむなんて、、悲し過ぎます。
では、どうすれば黄ぐすみは解消されるのでしょうか?

 

それは、美白ケアを徹底すること!プラス、食生活の改善です。
甘いものやご飯好きの私には厳しいものがありますが・・ まずは、血糖値を急上昇を阻止しなくてはですね(^^;

 

食事を取るときには、まずはお野菜から!これを徹底するだけでも血糖値の上昇を抑えることができます。
糖の吸収をゆ〜っくりにするんです。

 

 

気になる肌の黄ぐすみ改善方法がしりたい!!

 

 

美白ケアで50代肌のくすみを改善しよう〜

 

黄ぐすみ肌を改善するには

 

 

・抗糖化成分

 

・ビタミンC誘導体

 

・保湿成分

 

など、糖化した肌に作用するコスメを使うことで、透明感のある肌へと導かれます。

 

 

美白効果をポイントにしたスキンケア用品もいろいろありますが、シミや肌のくすみなどを悪化させない為の簡単なポイントは『肌摩擦を防ぐ』こともとても大切ですよ〜。

 

私は、敏感肌にもかかわらず、シミ対策をしたくって、代謝アップをしなくちゃ!と頑張ってマッサージをしてしまい、肌荒れを悪化させたことがあります(泣)・・頑張る方向が間違っていたんです。

 

肌を擦る行為は極力減らす! ← これ大事ですよ^^

 

 

良かれと思ってしている事でも、逆効果になってしまっていることってあるんですよね。

 

 

お風呂で体を洗う時って何を使っていますか? 
・・っていきなり話しが飛びますが(汗)
 ↓ ↓ ↓↓

最近は、泡ソープを使って「手」で洗う人が増えているんですって。
ボディブラシやタオル、ボディスポンジを使って毎日肌を擦る事によって、肌が色素沈着をおこしてシミになってしまうというのです。

 

その為に、手で洗う方法が広がっているというんです。
・・首筋をガンガン、ボディスポンジで洗っていた私は、、もしかしたら、そのくすみは擦り過ぎ??と怖くなりました。

 

本来は、毎日石けんを使う必要もないんですって! キレイにするつもりが石けんや摩擦で肌を傷つけていたとは、、がっかりですよ。。

 

 

お顔も体も、やはり過剰なケアはシミやくすみの原因になりますね。

 

糖質化は、老け顔だけの問題じゃなく健康への影響もあるので、糖質や甘いものの食べ過ぎには気を付けなくては・・。